ちかごろ痛みのない鍼というが流行っていますが、

当院ではあえてひびく鍼を行っています。

ひびくというのは、「ずーーん」とか「どーーん」と重たくなる感覚のことです。

 

ひびきは正式には「得気」とよばれ、効果の高い筋肉にてていると起こる現象です。

 

特気がおこると神経にあたって傷ついたんじゃないか?!と怖がられる方もいますが、

神経はこんにゃくのようにすべって逃げるようになっていますし、

鍼も細くて柔らかい素材ですからささることはまずありません。