先日もお灸で逆子治療をさせていただきました。。

逆子 お灸 川越 整骨院

今回も35週目の臨月に入った患者さん

帝王切開の決断が下されるまで

2週間しか猶予がない状態で

いらっしゃいました。

なんと

先月までは正しい向きだったのに

急に変わってしまって

急いでいらっしゃったという事!!

 

と、いうことで、また逆子のツボに施灸。

内くるぶしの指三本上の「三陰交」と

足の小指の爪の外の「至陰」というツボに

熱さを感じるまで行います。

今回の患者さんも、やはり「赤ちゃんがまわった!!」

という感覚はなかったようでしたが・・・

 

二回目くらいで

膀胱が圧迫されない

蹴る位置が上の方になっているという変化を感じて

検査に行かれたら正しい位置にもどっていたそうです。

 

今回はお母さん自身

あまり冷えの無い方だったので早く変化が出たようでしたが、

そのままお灸を知らなかったらお腹を切るところだったわけで・・・(!)

母子ともに負担の無い逆子治療の治療が世の中に広く

知られればと切に思います。

 

赤ちゃんが逆子でお困りの方は

ぜひお電話ください(^o^)丿