こんにちは、原口です。

今回の題名なんか怖いですね。

自分でこの記事を書いていても怖かったのですが、

あえて変えないで行きます。

なぜなら、

少し痛いけれど動けないわけじゃないし・・・

少し時間が経つと楽になるから・・・

などなど、春先に多く声を聴くと

こういう方が多くなっております。

テレビでもやっていましたが

ーーーーーーーーーーーーーー

春先に腰痛になるポイント!

①生活環境が変わってストレスが増える

②冬の間運動をしなく、筋力が落ちている固まっている

③気温差

ーーーーーーーーーーーーー

これらが大体の原因ですね。

一つ一つ説明すると

生活環境

これは、新生活、

仕事での転勤

仕事部署の変化

新人さんなどのお付き合い

などなど春は色々な

変化が訪れます。

そうすると身体には

ストレスを感じやすく

ストレスを感じると

筋肉がリラックスできずに

硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると血行不良

になり、痛みが出やすくなるのです。

冬の間運動をしなく、筋力が落ちている固まっている

これはもうお分かりと思いますが、

筋力が落ちれば今までできていたことが出来ない。

筋肉を痛めやすいということです。

ですので、良く

「歩いてくださいね!」

「身体を動かして!」

など耳にタコができるほど

聴いたことがある方もいるかも

しれません。

筋力低下してしまったものを

簡単には戻せないのが人間です。

気温差

これは春になると昼間暖かくても

夜になると冷えてしまいます。

たとえば「うどん」を想像してください

はい、僕はかまたまが好きですが、

それはどうでもいいですね。

茹でた時は比較的やわらかいですが

それをそのあと冷やすと、とてもいい

コシがでますね。

それと同じことが筋肉に起こると

動かなく硬くなり、急に動かされることで

痛めてしまいやすくなるのです。

そういうことから、この春先

腰痛を放っておくと、将来

どんどん筋肉が硬くなり

色々な症状、足がしびれたり

腰が痛くて起き上がれない!

ということになるからです。

皆さんも、今のままでいいのか

将来のことを考えて、

今身体を良くするのか、

やるか やらないかは

あなた次第です。

images