逆子、鍼灸

 

 

 

 

 

 

 

先日は、臨月で、もう帝王切開の期日の決まった患者さんを

みさせてもらう機会がありました。

臨月というと、おかあさんの体自体が

もう赤ちゃんが生まれるカウントダウンをし始めて

子宮が狭くなり始めており、

通常逆子治療はむずかしいといわれている時ですが・・・・

ちゃんと正常の位置にもどってくれました!!

 

やることは、小指の外角と内くるぶしのうえに

「米粒くらいのお灸」をすえていくだけのシンプルな治療法です。

そしてお家でもやっていただきます。

だんなさんに愛情込めてやっていただくと効果倍増です?!(笑)

院での治療は4回ほど受けていただきましたが

「暖かくなって気持ちがよくなる」とのお声をいただきました。

結局、逆子も冷えが原因でおきていますからね。

体内の環境を温煦してあげることで赤ちゃんのむきが元に戻りやすい身体をつくっていきます。

 

先月のあたまに逆子が治ったとお電話いただいたときは

私自身とびはねるほどうれしかったことを覚えています。

最高のクリスマスプレゼントでした!!(笑)

 

逆子で苦しんでいらっしゃる方、ぜひ当院の逆子の灸を試されてはいかがでしょうか??