おはようございます。 増田です。

今回は皆さんが一度は聞いたことのある症状の 「筋肉痛」 について説明します。

筋肉痛は、普段使わないほどの筋肉運動をすることで、筋繊維が損傷します。

その筋繊維の損傷を治すために白血球(炎症の原因)が集まってきます。

そこに刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)

が発生し、それが筋膜に達することで痛みを感じます。

そのため筋肉痛が発生すると考えられます。

筋肉痛の日は良く温めてくださいね!