こんにちは!!須田です(^^)/

今回は痛みについて、痛みってなんで感じているの?という疑問にお答えしていこうと思います!(^^)!

痛みとはに対して国際疼痛研究学会(IASP)では、『痛みは実際の、または潜在的な組織損傷を伴う不快な感覚的、

精神的な経験』と定義しています。

これは痛みとは単に身体が何かの刺激を受けたときに生じる「刺激」ではなく、心や感覚が伴った苦しみという事になり、

痛みの本質となります。

痛みにもいろいろ種類があるのですがそのほとんどが「侵害受容性疼痛」といわれています。・・・

侵害受容性疼痛とは簡単に筋肉や骨、臓器が障害されたときにおこる痛みです(゜.゜)!!

そのほかには神経そのものに問題が起きている場合、心因性(身体や神経には問題ないのに発生する痛み)の疼痛、

中枢神経そのものがやられてしまっていることで起こる痛みもあります(+_+)

痛みをとっていくためにはどんな問題があるのか?どのように治療していけばよいのか?など

状態によって変化していくので、状態の確認、把握が重要になってくるのですね(^^)/

症状が悪化していくと治療にも時間がかかるケースが多くなるので早めの治療とケアを行っていく様にしていきましょう♪