こんにちは!須田です(^o^)

これまで何度か腰痛についてこのブログを通してお話しさせていただきまさしたが、

今回は腰痛の知識をさらに深めてお話をさせていただこうと思います(゜-゜)!!!

腰痛では急性と慢性での症状に分かれますが、痛みの原因が筋肉にある場合はほとんどの場合患部や

関連した箇所に筋病変が見られます(・へ・)!

筋病変とは筋硬結(筋肉が硬くなった状態)や筋軟化(筋肉が柔らかく張りがなくなった状態)のことを

いうのですが、簡単に言うと筋肉を痛めているのです(+_+)

筋病変の周りでは身体が自己治癒機能を使って患部に腫れや炎症を起こしていくのですが、

この反応が痛みにつながっているのです。。。

川越中央整骨院の行うMPF療法(手技)では筋病変の起こっている患部に炎症を意図的に起こしていく事で

自己治癒機能を促進させて身体の回復を助けていますヽ(^o^)丿

患部周囲の炎症や腫れを軽減させていく事によって痛みがなくなって、今度は筋病変の芯になっている部分の

治療を行っていくわけですね(゜-゜)!!!!

意外と芯の部分の治療をしていくのと治療していかないのとでは再発率に大きく影響してくるので

痛みを取るだけと、根本的に治療していくのとでは違うのですね(^^)/

慢性で「もう治らない」と思っている人も硬結をしっかり変化させていく事で症状が

変わってくるってことになります♪

痛みで困っていましたら是非一度お試しあれ(^_^)~♪