こんにちわ!須田です(^^)/

いつもこの流れで始めさせていただいていますね♪

さて、今回は坐骨神経痛ですがよくお尻や足に痛みがあるときに、

お医者さんから「坐骨神経痛ですね」と言われた方も多いと思うのですが・・・

実は、医学的には「坐骨神経痛」という病名はないのです!!

坐骨神経痛とは、主にお尻から太ももの裏、足の先にかけて出る鋭い痛みやしびれなどの症状の総称で、

症状として、感覚鈍麻、冷え、筋力低下、歩行障害などの症状がみられることがあります(・へ・)

坐骨神経痛を引き起こす原因となる疾患はさまざまで、比較的若い人に多くみられるのは

腰椎の椎間板が後方に突出して、靭帯や神経を圧迫する「腰椎椎間板ヘルニア」や

股関節を動かしたり固定したりする梨状筋という筋肉が、その下を通る坐骨神経を圧迫して起こる「梨状筋症候群」などがあります

お医者さんも病名を伝えているのではなく、痛みに対しての原因を伝えているのですが・・・

聞き方によっては病名に聞こえてしまいますね(^_^;)

さて、では坐骨神経痛になってしまったらどうすればいいのか!!!?

それは・・・専門医に1度確認してもらうことが大事ですね!!

いつもこの流れですみません(._.)・・・ですが、治療において自身の知識のみで対応していく事は危険が伴うのです。

実際に状況によっては行わないほうが良い事ややってはいけないこともあります!

ですので怪我の状況を確認して、自身がどのように直していきたいのかを相談していただく事が重要だと考えます(゜-゜)♪

川越中央整骨院では相談も治療も行いますので、不安な事などありましたらスタッフにお聞きください(^_^)v