こんにちは!!須田です(^^)/

そろそろ私のご挨拶も定着してきたのではないでしょうか?(笑)

さて今回は、前回お話しさせて頂いた腰のヘルニアについてもう少し詳しくお話しさせて

頂こうと思います!!

腰のヘルニアは前回お話しさせていただいた通りとても多くの方にみられ、中には足の痺れや筋力の低下など

色々な症状をもたらしてしまうのでこの機会に知って頂けるといいな~と思います(^o^)丿

○腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)の症状としては

初期のものでは「同じ姿勢を取り続けていることの辛さ・腰まわりや足の運動能力の低下・足の感覚の低下」などが見られます。

また症状が進行していくにつれて下肢の痺れや痛みに発展し、放っておくと下肢の筋力の低下が起こってきます(+_+)

○ヘルニアになる方は20~30代の人が最も多いと言われています。

よく患者さんに「腰のコルセットはずっと着けっぱなしでいいのですか?」と質問を受けますが、

コルセットは痛みの強い場合に着けていただければ良いと思います(゜-゜)!

コルセットをずっと着けていることで腰回りの筋力が衰えてしまうので、かえって腰の状態を悪化させてしまう

可能性があるのです(^_^;)

○腰椎椎間板ヘルニアと診断されてしまったら・・・

・足を投げ出しての長座やあぐらをかかない様にする。

・デスクワークは腰に負担がかかりやすいので長時間行わずに、短時間で区切りながら行う。

・腰が沈み込むような柔らかいソファーには座らないようにする。

・前かがみは痛みが増強されやすいので注意する。

まずはこの4点を守ってみましょう(^_^)v