こんにちは。

今日は最近多かった膝の患者さんのお話です。

整形外科さんでレントゲンをとってもらっても、痛みの原因はとくに見当たらず、お困りになっていらっしゃいました。

 

さわってみると、膝のお皿の周りがカチカチで、腿の内側もかなり硬さがあり、曲げさせていただくとゴキッという音がします。

どうやら、長年の歩き方や靴の影響などで大腿の筋肉が疲労してかたまり、関節がひっぱられて痛みを出しているようでした。

こういった場合鍼治療で固まった筋をほぐし痛みを和らげたうえで、

患者さんにも逆に使わないで弱くなってしまっている筋のトレーニングを行ってもらいます。

特に大腿四頭筋(ももの前側の筋)を動かすトレーニングは、足を曲げず寝た状態でまっすぐ片脚をあげればいいだけなので膝をまげる痛みを感じずにすみ、なおかつ大きな下肢の筋肉を動かすので膝自体を動かさないでも効率よく膝の循環をよくしてくれます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます