こんにちは!須田です(^_^)/

今日はぎっくり腰について少し話していたいと思います。

ぎっくり腰と簡単に言ってもその種類は多く

急性腰痛の事をほとんどぎっくり腰と言っているいっても過言ではありません!!

ぎっくり腰の中には

筋膜性の腰痛(筋肉)や腰椎捻挫型のもの、腰椎ヘルニアを起こしているものなど

状態や症状によって変わってきますが

どれも急性期に強く炎症が起こり安静期間が必要だという事!

そしてそのあとには筋力が弱まってしまうのでしっかりとした治療と

サポートを受けてのリハビリが重要になるという事です。

何もしていなくても痛みは治まったり、動くことに不自由しないところまでは治っていきます!

もちろん人により症状の変化の具合は様々ですが、

ただ、痛みが治まったから元に戻ったからといってもそれが完治したわけではないのです・・・

時間が経つにつれて慢性の腰痛へと変化してしまう人や

ぎっくり腰になりやすい状態のまま(身体のバランスを崩してしまったまま)生活をしてしまい

各箇所に身体の痛みが出てきてしまっている方など多くいらっしゃいます(・へ・)!

ご自身はどの段階を治ったとして考えていくのか、担当の先生としっかり話し合って

楽しく生活していける様にしていきましょう!

腰の事でお困りの方がいましたらお気軽にご相談ください!!